「Web広告」と「SEO対策」を比較!費用対効果やスピード感は?

ホームページやWebサイトを作成した際、Web広告を主軸において集客を行うべきか、SEO対策で集客を行うべきか、悩んでいらっしゃる方々も多いのではないでしょうか!?

だた、何の知識もなくWeb広告、SEO対策に手を出すと後悔することになり兼ねません

騙されることもありますし、失敗で終わってしまうケースも多々あるため、最低限知識を身に付けた上で行っていくことが大切です。

そこで今回は、「Web広告」と「SEO対策」について徹底比較をしていきます。

是非、参考にしてください。

「Web広告」と「SEO対策」を徹底比較

Web広告とSEO対策、どちらでサイトの集客をしていくかは、各サイトによって異なります。

当然、二つの手法を組み合わせていくことが、最も効果がでる可能性が高いことは間違いありません。しかしながら、予算に限りがある企業においては、どちらか一方で集客を試みることになるでしょう。

そして、どちらで集客を進めていくかの選択は、間違ってはいけません。

では、両者を比較しながら見ていきましょう。

即効性・スピード感の比較

サイトが立ち上がったばかりという前提ですが、即効性は間違いなく「Web広告」に軍配が上がります。

Web広告はスタートしたその日からサイトが露出されるため、様々なユーザーが見てくれる可能性があります。

一方、SEO対策においては、即効性は全く期待できません

対策キーワード、競合などによっても異なりますが、多くの場合は最低でも3か月~半年の期間を要することになります。

いずれにせよ、立ち上げ間もないサイトにおいては、Web広告とSEO対策では集客にのスピード感は天と地の差があります。

費用感の比較

SEO対策の費用は、ピンきりです

例えば自社で行っていく場合は、人件費のみという考え方になります。

SEO会社に依頼した場合、対策の範囲、対策のやり方もそうですが、SEO会社によっても値段にはかなりばらつきがあります。

定価はあってないようなものです。月5万円のところもあれば、月50万円のところもあります。

成功報酬型のSEO会社もありますし、サービス内容も各社で大きく異なります。

基本的に安かろう悪かろうという感覚がありますが、それだけでもないため、依頼する場合は相当慎重になって決めるべきでしょう。

WEB広告はと言うと、こちらも広告の種類によって費用はばらばらですし、掲載型、クリック課金型、インプレッション課金型、アフィリエイト広告など様々です。

掲載型は固定の金額を支払うことになります。クリック課金型やインプレッション課金型、アフィリエイト広告などは、成功報酬型となりますので30万円までと決めて運用することが可能です。

SEO対策、WEB広告の費用で言えることは、とにかく両者ともにピンからキリまであるということです。よって、どちらが高いということお伝えするのは難しいですが、青天井なのはWEB広告と言えるでしょう。

いずれにせよ、大事なことは費用対効果です。貴方が考える1件の成果(登録や申し込み、問い合わせ)が、どのくらいの値段で実現できるのかが、重要なことでしょう。

費用対効果の比較

多くの方は、成功すればSEOの方が費用対効果が高い、と思っていらっしゃるのではないでしょうか!?

確かに自力でSEOで集客を伸ばしていければ、その通りです。

では、SEO対策を業者に依頼した場合はどうでしょうか!?仮に業者の頑張りでSEOでの集客が上手くいった際、SEO会社に引き続き対策を依頼しなければならない状況なのか、そうでないのかで大きく変わってきます。

一昔前であれば、SEO会社が無数に保有しているサイトに依頼したサイトのURLをリンクすることで上位に表示されておりました。要は外部リンクでのSEO対策です。

この場合、SEO会社との契約を打ち切ると、SEO会社はリンクをすべて外します。そうなると、これまでの上位表示は維持できなくなるのです。結果、外部リンクを保つために半永久的にSEO会社に支払いを続けなければならないのです。

よって、どのようなSEO対策を行うか、SEO会社とどういった契約を行うか、そして結果的に成功するかしないか、で費用対効果も大きく変わってくるのです。

次にWEB広告ですが、WEB広告の費用対効果は分かりやすく、はっきりと数字にすることが出来ます。SEO対策とWEB広告のどちらが費用対効果が良いかは、依頼する皆様によって答えは違ってくるでしょう。

SEO会社もWEB広告の代理店も、基本的には良い話をします。成果が出る前提で営業を掛けてきますが、事例通り、シミュレーション通りにいくことは、なかなか無いという認識を持つべきです。

いずれにせよ、費用対効果は結果論であり、会社、サイト、ジャンルによって大きく違ってくるのです。

となると何が大事なのか!?それはWEBマーケティングにおける知識とスキル、経験値に他ならないでしょう。

どちらを選択すべきなのか!?

SEO対策でいくべきか、WEB広告でいくべきか、どちらを中心にしてWEB集客をしていくかは、悩ましいところでしょう。

各企業様、考え方も違えば、企業体力も違う、更には時間軸の問題もあるため、一概にどちらが良いかをお伝えするのは正直難しいです。

SEO対策にしろ、WEB広告にしろ相応の知識がなければ、最適なパフォーマンスを発揮することは難しいですし、お金だけが掛かってしまう可能性も大いにあります。

まずは、とにかくこれら二つの勉強をしてください。そして、競合についても調べましょう

競合がどのようなWEBマーケティングを行っており、どのような対策を行っているかが分かれば、何となく方向性が見えてきます。

短期間ですぐに結果を出していかなければならない場合は、間違いなくWEB広告が中心になってくるはずですし、お金を掛けられないとなると、自力でSEO対策をしていくか、第三の方法(SNSなど)で集客できるように対策を取ることになります。

業者を選定するにしても、多くの知識があることに越したことはありませんので、まずは色々と知識を吸収していってみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

SEO対策で集客するか、WEB広告で集客していくか、この2者択一の場合、どちらを選ぶかはWEB運用においては間違いなく重要になってきます。

どちらも失敗する可能性がありますし、どちらも効果を発揮することもあります。

いずにれせよ、どういった予算でどういった集客プランを立てていくか!?これは経験・知識がなければなかなかに難しいことではありますが、担当者があなた一人だとしたら、手探りでも進めていくしかありません。

WEBマーケティングには明確な答えはなく、やり持ってということも多々あります。

いずれにせよ、WEBマーケティングのノウハウを蓄積していき、集客の最適化をしていかなければなりません。

その意味でSEO対策もWEB広告においても、実践していくことが一番であることは間違いありません。

関連記事

  1. コンテンツSEOの基礎を学ぼう!手法、やり方を徹底解説!

  2. 押さえておきたいWebマーケの専門用語10選

  3. Web集客、Webマーケティングの基礎知識!SEO、広告について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。