コンテンツSEOの基礎を学ぼう!手法、やり方を徹底解説!

コンテンツSEOの考え方は、至ってシンプルです。

「ユーザーが知り得たい情報をユーザーに届ける」ことを目的とし、如何に優良なコンテンツ内容を作成するかが全てです。

もちろん、記事制作にあたりテクニック的な要素はありますが、一番重要なことは「読みやすく、為になる」情報を提供する、これを追求することです。

今回はコンテンツSEOの基礎をお伝えいたします。是非、参考にしてください。

コンテンツSEOの基礎知識

基本的に、コンテンツSEOはすぐに効果が出るものではありません。

コンテンツSEOが流行り始めた当時は、一気にPVを集めることが出来た方々もいるのですが、もうそういう時期は過ぎてしまいました。よって、生半可な気持ちで初め手は、恐らく途中で挫折してしまうことでしょう。

目標を掲げ、そこに到達するまでやり続ける、この心意気がなければやらない方が良い、そう考えます。

時間と労力を費せる方、諦めずにコンテンツを増やし続けられる方は、以下をご覧ください!

コンテンツSEOのメリット

まず、コンテンツSEOのメリットを理解しましょう

1.一つ一つの記事が財産となる

2.優良なコンテンツは、検索エンジンの上位にくる

3.ホワイトハットと呼ばれる最も理想の集客方法

4.検索エンジンのアルゴリズムが変わってもほぼ影響を受けない

5.記事が増えれば増えるほど効果が高まる

6.SNSとの相性が良い

7.ドメインパワーが上がっていく

上記は、完全に正解という訳ではないかもしれません。これまでのSEO同様、コンテンツSEOも正確な正解はないため、あくまでもこれまでの経験則の元、メリットを記載した次第です。

それでも、コンテンツSEOの対策を続けていけば、間違いなく上記のメリットを感じることが出来るはずです!

次に、コンテンツSEOを行うにあたって、検索エンジンはどういったサイトを評価するのか、を見ていきましょう。

検索エンジンが評価するサイトとは!?

これに対しての明確な答えは、誰も分かりません。しかしながら、こういったサイトが評価される、ということを想定することは出来ます。

シンプルにお伝えいたします。

1.更新頻度が高いサイト

.ページ数が多いサイト

.良質でオリジナルなコンテンツを多く持つサイト

4.サイト滞在時間

5.内部リンクの数

もちろん、細かく出すともっともっとありますが、上記5つ、特に1~3を意識することが大切です。

コンテンツSEO 記事作成のルール

言ってしまえば、記事作成を行う際、決まったルールがある訳ではありません。あくまでも経験則に基づいたものであり、こうやれば結果が出る可能性が高いというだけです。

よって、コンテンツSEOを行う際、独自のノウハウを溜めていき、日々研究、日々効果測定等を行っていくことが大切です。

1.キーワードを明確にする

ただ、やみくもに記事を作成しても意味がありません。多くの人に読んでもらうことを目的とするため、キーワード設定が大切です。

どういったキーワードで調べてくるだろう!?と想定して、記事を作成することは基本中の基本です。

2.キーワードを決めた後、ライバル記事を分析

例えば、狙うキーワードを「子育て 1歳」としましょう。次に、この「子育て 1歳」で検索トップに来ている記事を見ます。

すると、その記事は何文字ぐらいなのか、どういった記事構成になっているのか、本当にユーザーの為になっているのか、などを分析してみましょう。

分析後、これより良い記事を作ろうと思って記事作成をしてみてください。きっと、より良い記事を作成することが出来るはずです。

3.文字数は2,000文字以上を心掛ける

絶対ではありませんが、文字数は重要な要素となります。2,000文字が一つのラインと考えるのが良いでしょう。

世の中には1,000文字でも良い、いや3,000文字ぐらい必要だ、という意見もあります。

少なすぎよりも多すぎの方が情報量という意味で、検索上位に上がりやすいことは間違いありません。

もちろん、意味のない言葉を並べて文字数を稼いでも意味はありませんが、基本的には文字数の多さを重要視しておくべきです。

4.コピペは絶対にNG

単語レベルでのコピペは全く問題ありませんが、文章のコピペは絶対に避けなければなりません。

コピペのコンテンツがあるだけで、サイト全体の評価が下がります。そして、コピペをした記事に勝てるわけはありませんので、絶対にやってはいけないことをご理解ください。

5.やり続けること

コンテンツSEOはすぐに効果が出るものではありません。

相応のPVを稼ぐためには、時間と労力が必要です。「100記事書いたのにPVが集まらない」、という理由で止めてしまっては、意味がないとお考えください。

とにかく根気よく「やり続けること」、これこそが成功へのカギとなります。

コンテンツSEOの「効果の出かた」について

優良なコンテンツを提供している前提となりますが、コンテンツSEOの効果は緩やかに出てきます

どういったジャンルにするのか、書き手のセンスなどに左右されますが、多くの場合、100記事の時点で稼げるPV数は、5,000~20,000PV程度ぐらいとお考えください。集客の基本を掴んだレベルです。

まずは100記事、試行錯誤しながら記事を作成してみてください!ここで結果が出なくても、そのまま続けることが大切です。

例えば、100記事で5,000PV位を推移したとします。200記事を作成した場合、PVも倍の10,000PVということではなく、15,000PVであったり20,000PVへと跳ね上がることも多々あります。

100記事の時に5,000PVだったら500記事で25,000PV、それでは流石に頑張れませんよね。

記事数が増えればサイト全体の力が底上げされるため、記事数とPV数は比例する訳でないのです。これがコンテンツSEOの夢があるところです。

ですので、途中で止めてしまうほど、もったいないことはありません。

続けることが、コンテンツSEOの最大成果へと繋がります

SNSとの連携について

コンテンツSEOとSNSは、相性抜群です。

可能であればtwitterとfacebookページを開設しましょう。記事を公開した場合、twitterとfacebookにも記事URLをアップし連携していくことで、集客効果は高まります。

成果地点を意識する

コンテンツSEOを何故行うのか!?間違いなく顧客となり得るユーザーを集客し、最終的には「登録、購入、お問い合わせ」など、ユーザーにアクションしてもらうことに他なりません。

であれば、成果地点まで持っていけるような記事作りであったり、フォーム設置、電話番号設置などを考える必要があるのです。

せっかくユーザーが集まる記事が多数あったとしても、成果まで辿り着かせなければ意味がありません。

要は、ユーザーが最終的に成果まで辿り着ける導線であったり、仕掛けが必要ということです。

まとめ

いかがでしたか!?

コンテンツSEOとは何たるかが、なんとなくご理解頂けたのではないでしょうか!?

とにかく地道なコンテンツSEOですが、しっかりとやり方の基礎を認識した上で行えば、必ず効果が表れるはずです。

そして、作成した記事全てが財産であり、マイナスとなることはないでしょう!

10記事、100記事、1000記事と作成した記事が増えていけば、きっと見えてくる景色が変わってくるはずです。

とにかく成果が出るまで続けること、これこそがコンテンツSEOを成功させるための最大の要素です。

質も量も上乗せしてければ、必ずや結果が出てくるはずです。全ては将来のためと思い、全力で取り組んでみてはいかがでしょうか!?

関連記事

  1. 押さえておきたいWebマーケの専門用語10選

  2. Web集客、Webマーケティングの基礎知識!SEO、広告について

  3. 「Web広告」と「SEO対策」を比較!費用対効果やスピード感は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。