ホームページは集客してなんぼ!作る前に理解してほしいこと

ホームページを作って「これでいける!」と思った方は、本当にたくさんいらっしゃるのではないでしょうか!?

実際、そういった方にお会いすることは多々あり、正直真実を伝えることに気が引けることが良くあります。

それでも、その人のためと思い、「作っただけでは意味がない」ことを伝えるのです。

そこで今回は、お金を生み出すホームページ制作についてお伝えいたします!

是非、参考にしてください。

ホームページでお金を生み出すためには

そもそも、何故皆様はホームページを作ろうと考えるのでしょうか!?

「会社の顔だから」、「会社の窓口として」など、様々な意見があるでしょう。

しかしながら、基本は集客し、お金を生み出したいと考えているから、ホームページを作るのではないでしょうか!?

この答えは、ほぼ間違いないと思います。

ですので、ホームページで集客しなくても大丈夫、取り敢えずあれば良い、と考えている方々は、この記事はスルーしてください。

しかしながら、多くの方々は、「作ったら何とかなる」、「作ればたくさんの人が見てくれるはず」と思うかもしれませんが、これは大間違いなのです。

結論、「ホームページを作っただけでは全く意味はなし!」です。

これまで非常に多くのお客様とお話しさせていただきましたが、ホームページが意味のないものになっているケースが、たくさんありました。

皆様、お金をかけて作ったホームページが何の役にも立っていない、と嘆いておりました。

何故、そうなったのか!?それは、多くの場合、作る前段階から問題があったのです。

ホームページを作る前に考えるべきこと・理解すべきこと

集客について

ホームページを作る前に集客のところまで頭に入っている方は、ほとんどいません。

まずは、「かっこいいものにしよう」「オシャレな感じで」と、デザインにこだわりを持ちます。

これ自体大いに結構ですが、大金を費やしてかっこいいサイトを作ったとしても、見てくれる人がいなければ何の意味もありません。

宝の持ち腐れとは、このことを言うのでしょう!デザインよりもまずは、「集客できるサイト」にこだわるべきなのです。

こういった傾向になる一つの理由としては、ホームページを作る制作会社の多くが、集客できるサイトの作り方を知らないからです。

ホームページ制作の依頼を受けたとしても、集客の話をしない制作会社ばかりなのです。これにより、失敗した「サイト」が出来上がってしまうのです。

まずは、ホームページを制作する際に考えて頂きたいことは、「集客」です。これを忘れないでください!

競合について

集客できるホームページが作れるかは、競合の存在によっても変わってきます。

基本的に競合は存在するモノであり、インターネットといものは先行メリットの高い市場です。

競合ひしめく市場となると、相応の費用を掛けなければなりませんし、もしかしたらホームページを作るだけ無駄となる可能性があります。

「集客できるサイトの対策をしたら大丈夫なんでしょう!?」と思われるかもしれませんが、競合も同じように対策していることが多々あります。そうなると、戦うだけ無駄な場合もあるのです。

ホームページを作る前に、必ず競合についてもリサーチしなければなりません

ターゲットについて

集客について理解した次は、どういった方々をターゲットにするかが重要です。

企業に見てもらいたいのか、個人に見てもらいたいのか、はたまた両方なのか、これを考えなければなりません。

例えば、歯医者さんがホームページを作る場合は、間違いなく患者さんを集めたいはずです。こういった具合に、どのターゲットに向けてホームページを作るかは、非常に重要なことなのです。

ターゲット数について

集客できるサイトを作ることが出来たとしても、ターゲットの絶対数が少ない場合は、費用対効果が合わない可能性があります。

一つの例として、地方でハーレー(有名なバイクメーカー)のグッズを販売しているお店の方から、ホームページで人を集めたい、というご相談がありました。

ホームページを介して月100人ぐらいお店に来てもらいたい、というご要望たったのですが、その地域でハーレーのグッズを買いたい人がどのぐらいいるかを試算したときに、月100人を集めるのは無理という結論に至りました。

もちろん、ホームページ自体に月100人訪問させることは出来るのですが、この100人の内、リアルに店舗に来てくれる人は数名いれば御の字でしょう。

このように、ホームページを作る際は、ターゲットとなる顧客の数も考慮しなければなりません

そもそもターゲットの絶対数が少ない場合においてはそれ相応の集客しかできないのですが、それでも長い目で考えればいつかプラスになるはずです。

ホームページを育てる気がなければ作るべきではない

ホームページは作っただけでは意味がない、というのは紛れもない事実であり、作ってからが重要です。

特に、集客部分においては、お金を掛けるか、自分たちで努力するかの2択です。

作った後に放置するのであれば、作る必要はないでしょう。

常に時間と労力、もしくはお金を掛け、成長させていかない限り集客は見込めませんし、誰にも見られないサイトで終わってしまいます

自分たちで情報を発信できていないサイトが生き残るほど甘い世界ではありませんし、そういった時代はもう終わってしまっているのです。

ホームページは作ってからがスタートなのです

それでは、ホームページを育てていくために、特に重要な3つの要素をお伝えいたします。

全ては検索エンジンへの対策に繋がります。検索結果を上位に表示させることこそが、集客の足掛かりとなります。

では見ていきましょう!

1.更新頻度

文字の通り、更新を頻繁に行うことが重要です。制作会社から納品されて以来、ほとんど更新したことがない、という企業様も多いことでしょう。

如何に更新していくか、大変なことではありますが、やらなければならないことです。

2.ページ数

ページ数も重要な要素です。ページ数が増えれば増えるほど、様々なキーワードで検索結果に表れる可能性があるからです。

集客の可能性を広げる意味でも、ページ数は非常に大切な要素です。

3.良質なコンテンツ

例え、ページ数が多かったとしても、1ページ1ページの内容が薄っぺらい場合は、意味がありません。むしろ、マイナスと作用することがあるため、一つひとつのページを作り込む必要があります。

ターゲットに対して、如何に良質なコンテンツを届けるかが重要です。

上記3つを心掛けることで、サイトは成長していきます。自力でも出来ると言えば出来ますので、お金を掛けられない方々は実践してみてください。

まとめ

ホームページ、WEBサイトを制作する上で最も重要なことは、そのサイトを見てもらうことに他なりません。

極端に言えば、サイトを見てもらえなければ、あってもなくても一緒です。

ホームページの最終目的は、事業運営の営業ツールとなり、売上をアップさせることではないでしょうか!?

しっかりと運用することが出来れば強烈なツールへとなり得ますし、ホームページは財産となることでしょう。

作るからには、集客できる、誰かに価値を提供できるものにしたほうが良いに決まっています。

ホームページを作る前の考え方が、非常に大事であることをご理解頂ければ幸いです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。